発毛促進

育毛シャンプーの使い心地

すでに髪の毛が薄い方以外でも、髪の毛のコシが気になったり髪の毛の太さが細くなったりすることで、育毛シャンプーを検討される方は多くいますよね。
育毛シャンプーの使用を検討し始めた時に、まず気になるのが使い心地です。

育毛シャンプーを始めて使った人の感想の中で多いのは“泡立ちが少ない”“髪の毛がきしむ感覚がする”“汚れが落ちていない気がする”など使い心地に少し不満を感じる人が
少なくないようです。
それは、今まで育毛シャンプーではない普通のシャンプーを使ってきた為だと思います。
普通のシャンプーは泡立ちが良く、洗った後の感覚もすっきりしています。
コーティング材によって髪に艶を出すので、きしむ間隔は少ないはずです。
実際のところ、洗浄力も育毛シャンプーより強いシャンプーがほとんどです。
普通のシャンプーから育毛シャンプーに切り替えたほとんどの人は、今まで使用してきたシャンプーに慣れているため育毛シャンプーでは物足りなく感じるのでしょう。

ただ、育毛シャンプーには頭皮にやさしい成分がたくさん使われており、そのほとんどが天然の植物などから抽出した無添加の成分を使用しています。
洗浄力についても科学合成物質は使わずに素材そのものの力で髪の汚れを落としています。
天然の素材から抽出するので、普通のシャンプーと比べて泡立ちが少ない商品が多いのですが、汚れが落ちていない訳ではありません。
必要な皮脂は残し、いらなくなった汚れや皮脂だけを落としているのです。
ですから、多少汚れが落ちていない感覚があるかもしれませんがこの程度の洗浄力で十分なのです。

また、普通のシャンプーより艶が出づらいシャンプーがほとんどで、洗いあがりもさっぱりというよりは“しっとり”や、少し“きしむ”感覚のものもあります。
使用し始めは普通のシャンプーとの違いに違和感をかんじるかもしれませんが、長く使用していることで髪の毛に栄養が渡りコシが出て本来の艶が出てきたと言う方もいます。

普通のシャンプーは使い心地は良いですが、科学合成物質の使用が多く長い間使用することは体に良いことではありません。
育毛シャンプーの使い心地も、効能や成分を知れば意外と気にならないものです。
シャンプーを選ぶときは、メリット、デメリットを検討しながら自分に合った商品を選ぶようにして下さい。

Menu