発毛促進

育毛シャンプーはなぜ高い

育毛シャンプーは高い・・・そんなイメージが定着しているような気がします。
しかし、育毛シャンプーの価格はピンからキリまであります。
1万円を超えるような高級な育毛シャンプーもあれば、千円もしないようなお手頃な育毛シャンプーもあります。
1万円を超えると日常的に使用することに戸惑いを覚える人もいますし、逆に千円もしない安い育毛シャンプーでしたらなんだか効果を疑ってしまいがちです。

主要な育毛シャンプーの相場は大体3000円から5000円前後の商品が多いようです。
参考までに相場の金額を知っておいても良いかもしれません。
それでも1万円から比べれば安いもののスーパーやドラックストアなどで市販されている普通のシャンプーと比べると随分と高額なシャンプーです。

育毛シャンプーはなぜそんなに金額が高いのでしょうか?
それは、普通のシャンプーと育毛シャンプーには成分や製造方法に違いがあるからです。
普通のシャンプーは洗い心地や、洗浄力、香り、手触りなどを重視しています。
たしかに女性が横を通り過ぎた時に良い香りがしたり、髪を書き上げた時にさらさらな髪の毛だったらとても魅力的に感じます。
それらを作り出す成分には合成界面活性剤や合成香料、シリコン成分などがあります。

合成界面活性剤は水と油を混ぜて汚れを洗い流す役割があり、シリコンは髪をコーティングし艶を出して手触りを良くする役割があります。
普通のシャンプーで使われている合成成分は、比較的安価に大量に生産することが可能です。

比べて、育毛シャンプーの多くは無添加で天然の香料や洗浄成分を使用しています。
多くは天然の植物などから成分を抽出するのですから、その分手間や時間が多くかかって当然です。
普通のシャンプーから比べると泡立ちが少なかったり手触りがイマイチと感じる方もいるかもしれませんが、それは、必要以上に皮脂を落とさずに潤いをあたえる天然成分特有の
性質があるからなのです。

また、普通のシャンプーに使われている合成成分は見た目や手触りは良くなりますが、髪や頭皮に長い間付着すると肌荒れや抜け毛の原因となる可能性があります。
普通のシャンプーのすべてが合成成分で作られている訳ではありませんが、比較的安価なシャンプーにはこのような成分が入っていると考えて間違いないでしょう。

シャンプーに含まれている成分や製造の方法を踏まえて、将来の髪への投資と考えれば育毛シャンプーの価格はそれほど高くないのではないでしょうか?

Menu