発毛促進

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違い

髪の毛に不安がない方でも育毛シャンプーを使用して健康な髪を保ちませんか?
育毛シャンプーと普通のシャンプーはどこが違うのか?
名前からしてまったく目的が違う気がしますよね。
育毛シャンプーは髪の毛が薄い人が使うシャンプーで、普通のシャンプーは髪の毛が薄くない人が使うシャンプーと考えていませんか?
普通の人が育毛シャンプーを使うと、必要以上に髪の毛がフサフサになると考えていませんか?
実は育毛シャンプーは髪の毛が薄い人だけが使うシャンプーという訳ではありません。
それは、育毛シャンプーの目的は髪の毛を増やすことではなく頭皮の環境を整えることにあるからです。
頭皮環境を整えることは髪が多くても少なくても関係なく大切なことです。
普通のシャンプーと育毛シャンプーの違いについてこちらにも詳しく掲載されています。

普通のシャンプーには、育毛シャンプーのように頭皮環境を整える効果はありません。
普通のシャンプーの主な目的は汚れを落とすことと、髪の毛に艶を出すことです。
主にシャンプーが乾いた時の香りや髪の毛を触った時の手触りを重視します。

また、普通のシャンプーは洗浄力を出すために、石油系成分やアルコール系成分などを使用しています。
これらは泡立ちがとてもよく洗浄力も強いのですが、効果が強い分頭皮を余分に痛める可能性があります。
そして、天然の成分ではないため、長時間頭皮に残っていると頭皮全体を痛めることになります。
艶を出すためにはシリコン系の成分で髪の毛をコーディングしている場合が多く、頭皮をコーティングしてしまうと毛穴をふさいで髪の毛の成長の妨げになる可能性があります。
髪の毛の見た目を重視するのであれば、普通のシャンプーは効果的です。

比較して、育毛シャンプーは髪の毛の見た目を重視するシャンプーではなく頭皮の状態を重視するシャンプーです。
そのために、石油系やアルコール系の成分は使用せずにアミノ酸系の洗浄成分で髪の毛を洗います。
アミノ酸は肌と同じたんぱく質で構成されているので、頭皮にも優しい成分です。
また、余計な汚れは落とし必要な皮脂はそのまま残す性質がありますので、頭皮を痛めずに髪の毛を洗うことができます。
大体の育毛シャンプーが無添加で天然の成分で構成されているので肌にとてもやさしいことも特徴です。
栄養成分や血行促進成分も配合されているので頭皮の血行を良くして髪の毛に栄養が届くように頭皮を改善します。

育毛シャンプーと普通のシャンプーは髪の毛を洗うというもともとの目的は同じですが、成分や効能がまったくことなります。
育毛シャンプーと聞けば抵抗があるかもしれませんが、今現在頭皮に問題がない方でも普段使いのシャンプーとして育毛シャンプーを使ってみてはいかがでしょう?
発毛ではなく抜け毛予防に育毛シャンプーが必要なのです。

Menu