発毛促進

朝より夜の育毛シャンプー

今ではほとんど耳にしなくなりましたが、一時期ブームとなった『朝シャン』。
当時はほとんどの学生やOLが朝シャワーに入って髪を洗っていたものです。
『朝シャン』という言葉はほとんど聞かなくなりましたが、今でも朝シャワーに入って頭を洗う人は多いですよね。
朝にシャワーを浴びるとすっきりとしますし、寝ぼけた頭を一気に目覚めさせることができるので学生や社会人の中には特に朝髪を洗う人が多いのではないでしょうか?
しかし、朝にシャンプーをすることが実は頭皮に良くないことをあなたは知っていますか?
朝は一日の中で一番慌ただしい時間帯です。
時間に追われて行う朝のシャンプーは短時間で“ささっと”済ませている人が多いはずです。
寝坊をした日にはシャンプーをしっかりすすがずに急いで出かけていることでしょう。

朝シャンに限ったことではありませんが、すすぎを十分にせ行わず頭皮にシャンプーを残すことは、毛穴を詰まらせ頭皮を痛める原因になります。
急いでいるあまりに強く地肌をこすって洗ってしまうと、それも頭皮を痛める原因となるのです。
また、シャンプー後は失った皮脂を再生しようと働きますが、朝の短い時間だけで皮脂を完全に再生させることは難しいので、出かけている時は無防備な状態で
紫外線や風にさらされることになるのです。

髪の毛が一番成長するのは眠りについている夜の時間帯になります。
髪の毛を洗わずに寝てしまうと、皮脂が毛穴を塞いで髪の毛の成長を妨げてしまいます。
日中に外出をして付着した汚れやたまった皮脂は、夜にシャンプーで洗い流し丁寧に時間をかけてすすぐことが頭皮の健康につながって行くのです。

では、朝と夜の2回シャンプーをすれば、頭皮も清潔になるし髪の毛の成長も邪魔をしないから良いのでしょうか?
一見、頭皮を清潔に保っているので皮脂のつまりもなく問題がないように感じますが、それは大きな間違いです。
過度のシャンプーは、必要な皮脂までも洗い流し頭皮を痛めてしまうので、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

抜け毛や薄毛を防ぐために頭皮環境に一番良いシャンプーの方法は、シャンプーは1日1回のみ。
夜に時間をかけて丁寧に行うことなのです。
もし、習慣化されていてどうしても朝のシャワーをやめられない人は髪は洗わずに、体と髪の毛をシャワーで流すのみに止めましょう。

Menu