発毛促進

薄毛・抜け毛のメカニズム

薄毛・抜け毛はなぜ起きるのでしょうか?
脱毛に悩んでいる人にとって抜け毛が起こる原因は深刻な問題です。
実は、抜け毛とは髪の毛の薄い人だけに起こる現象ではありません。

私たち人間の髪の毛は一つの毛穴から3~5本生えており、健康な人であれば全体で約10万本生えていると言われています。
それぞれの髪の毛は3~6年のサイクルで自然と抜け落ち新しい髪へと生まれ変わります。
1日に約50~100本もの髪が自然と抜け落ちているのです。
このような自然脱毛であれば、すべての人に起こっている現象なので、何も心配することはありません。

皆さんが知りたいのは、今お話したような自然脱毛についてではなく別の原因で起こる異常脱毛についてではないでしょうか?
異常脱毛とは、通常3~6年の間成長し続けるはずの髪の毛が育ち切れずに抜け落ちる現象のことを言います。
なんらかの原因で成長できずに抜け落ちる髪の毛が徐々に増えていくことによって薄毛になってしますのです。

薄毛・抜け毛のメカニズムを説明するためには、髪の毛を構成する組織を知ることが必要です。
髪の毛を構成する組織には様々な役割があります。
アミノ酸を中心とした栄養が血液から届けられる『毛乳頭』、毛乳頭から栄養が送られて髪の毛を作り変える『毛母細胞』、必要な栄養分を運ぶ『毛細血管』、
雑菌などの侵入を防ぐ『バリア層』、髪や頭皮に潤いをあたえる『皮脂線』などです。
これらは、それぞれがとても重要な役割を果たしています。
髪の毛を構成する様々な組織が、ストレスや疲労、バランスの悪い食事による栄養不足や不規則な生活、皮脂の過剰分泌、血行不良、炎症や乾燥などの要因によって
正常に働かなくなった場合に異常な脱毛が起こってしまうのです。

髪の毛を構成する組織を知るとなぜ髪の毛が成長することが出来なくなっているのか原因が何となくわかりますよね?
血行不良だと毛細血管が栄養を運ぶことができませんし、栄養不足だと毛乳頭から栄養が送られずに髪の毛を作り出すことができません。
バリア層が破壊されれば炎症や乾燥が起こります。
このように考えると、髪の毛を構成する組織が正常に働くことが薄毛・抜け毛を治すためにはとても重要だということが再認識できることでしょう。

Menu