発毛促進

間違ったヘアケアしてませんか

薄毛・抜け毛の原因は様々考えられますが、間違ったヘアケアをしていることが薄毛・抜け毛の原因となっているケースが実は多くあります。
ヘアケアは日常的に行う行為なので間違いに気がつかずにそのままにしている人がほとんどです。
正しいヘアケアをするだけで薄毛・抜け毛の症状が改善するのであれば、こんなにうれしいことはありませんよね?
抜け毛の原因がヘアケアの間違いによるものであれば、遺伝的な理由や精神的理由による抜け毛と比べて格段に治る可能性が高いのです。

では、間違ったヘアケアとは具体的にどのようなことを言うのでしょうか?
たとえば、あなたは普段このような行為を行っていませんか?
 ・一日2回以上シャンプーをしている
 ・髪を朝洗っている
 ・頭皮の汚れを落とすためにゴシゴシ洗っている
 ・シャンプーのすすぎをしっかりとしない。
 ・コンディショナーやリンスをあまり洗い流さない
 ・髪の毛は熱めのお湯で洗う
 ・スタイリング剤を毎日つける
 ・お風呂に入らず短時間でシャワーを済ませる
 ・パーマやカラーリングをしている
 ・ドライヤーで長時間髪を乾かしている
 ・ブラッシングをしながら髪を洗っている
気づかずに行っているかもしれませんが、これらに書かれている内容はすべて、頭皮に悪影響を及ぼす内容です。

たとえば、頭皮の汚れを気にするあまり一日2回以上シャンプーをすることは、必要以上に皮脂を洗い流すので乾燥や炎症の原因になります。
時間の限られた朝に髪を洗うと、雑に髪を洗うため頭皮を傷つけたりすすぎをおろそかにしたりします。
頭皮の汚れを落とすためにゴシゴシ力を入れて洗うことも逆に頭皮を傷つけることになります。
シャンプーやコンディショナーをしっかり洗い流さないことも皮脂を詰まらせ頭皮を痛める原因となります。
ブラッシングをしながら髪を洗う行為は髪の毛のキューティクルを壊し痛める危険性があるのです。

すべてに共通して言えることは、これらの行為を行うことで頭皮と髪を傷めるということです。
間違ったヘアケアを改善するために必要なのが正しい方法で髪を洗うことです。
正しい方法で髪を洗うだけで、薄毛や抜け毛の症状が格段に改善される可能性があります。
正しい髪の洗い方について知りたい方は、『育毛に効果的なシャンプーの仕方』 を参考にご覧ください。

Menu