発毛促進

無添加育毛シャンプー

今では主要な育毛シャンプーのほとんどが髪や皮膚の健康を考えて無添加にこだわって開発されています。
種類もたくさん出ているので何を選んだら良いか迷いますよね。
無添加と聞けば“体に害がなさそう”“何かが入っていないのだろう”“体に良いのかな?”というイメージがありますが、具体的にどのようなものなのか分からないのが
実際のところです。

無添加とは『表示指定成分』が入っていないことを言います。
『表示指定成分』とは、アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性がある成分として、国が表示を義務付けている100種類の成分のことを言います。
ただ、無添加の表示に詳しい規定はなく『表示指定成分』以外の成分が入っていない場合でも無添加と表示される場合もあります。

一般的に認識されている無添加シャンプーは、石油由来成分や合成着色料、合成香料、防腐剤が入っていないシャンプーのことを言います。
簡単に言うとアレルギーなどを引き起こす合成化合物の使用がないことを無添加と呼ぶのです。
無添加の育毛シャンプーは、合成化合物の使用がない分、その役割を様々な天然由来成分が補っており、その種類はとても膨大です。
効能もそれぞれ違いますので、自分の症状にはどのような効果が必要なのかを知ることが大切です。

無添加育毛シャンプーは合成化合物の使用がないので、たしかに普通のシャンプーと比べて体に害が少なく安全なシャンプーです。
ただ、だからと言ってすべての人に効能がある訳ではなく、膨大な天然由来の成分の中にはあなたの体に合わない成分が入っている場合があります。
同じ無添加の育毛シャンプーを使用しても効果が現れる人と効果が現れない人や逆に悪化したなどの感想があるのはこのためです。
自分に合わない成分が入ったシャンプーを長く使用していると、頭皮に悪いだけでなく顔に吹き出物やニキビができたり頭皮以外の場所に症状が出たりする場合があります。
少しでも異常を感じた場合はすぐに使用をやめて専門の医師に相談をして下さい。

本来、無添加の育毛シャンプーは体に優しく頭皮環境にも大変良いシャンプーです。
しかし、無添加だからと言ってすべての人の体に合うとは限らないということを知って使っていただきたいと思います。

Menu